プロフィール

もげ

Author:もげ
素朴な日々の記録。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勤め

今週からお勤めが始まりましたが、例年のごとくこの時期はお暇です。
朝と夕方にしか仕事がない状態なので、日中はとっても暇をしています。
なにか暇つぶしの方法がありましたら、こちらへ↓
スポンサーサイト

整体

母親を整体に送っていったついでに私も受けてきた。
健康器具もすすめないし、次回の予約もすすめてこない、器具を使わないで手で施術してくれる。

とっても肩こりの私、肩が凝ると背中も痛いし、右を向くのも痛くて辛くなる程。
定期的に行ってメンテナンスしてもらうのが一番だと思った。

足も整えてくれて、また背がのびたかもしれないわ。

ヤギ

20051228110612.jpg
ヤギと遊んできた。 天気が悪かったため、ヤギはちょっとしか外に出ていなかったけど。
生後4ヶ月のシバヤギ2頭が人懐っこい☆

うちみたいなかんじなので、たくさんお客さんがいるわけでもなく、
自由に遊んでいていいよってかんじの雰囲気で、ゆっくりヤギと遊べた。

ヤギ知識ゼロでしたが、ヤギはオスでもメスでも関係なく角がはえるときははえるらしい。ヒゲもそう。のどにはボンボンがついている子もいる。
しかも、ヤギの飼い方についても教えてもらった。
春が出産の時期らしい。カラスに注意とのこと。

ヤギの名前を呼ぶと、
メ~
って鳴くらしい。

ちょっとしたカフェもあり、そこで、ヤギのミルク・アイス・プリン・ヤギのチーズを使ったピザなどを食べてきた。
この時期ミルクの出が悪いらしい。
ヤギのミルク石鹸を買ってきた。石鹸好きにたまらない石鹸だ。
アトピー、あせもなどにもバッチリイイらしく。肌にとってもやさしいらしい。
さっそく、家に帰って顔を洗った。イイっ!!

あまりにも、ヤギがかわいくて、家に帰って父親に。
シバヤギは、小さいし、雑草も食べてくれるし、フンは肥料にもなるから
飼ったらいいんでない?
ってすすめたところ…

昔ヤギを飼っていたことがあり。
ヤギの世話をしたり、ヤギのミルクを飲んだりしていたそうだ。
ある日、じいさんがヤギを殺して、その肉を食べさせられたんだそうだ。
その時のトラウマなのか、とっても嫌な思い出があるらしい。
だから、ヤギは飼いたくないんだと。

劇団虎のこ

H田の友達の友達が役者をしている劇団を見に行った。
劇団虎のこ
会場が、江戸東京博物館のホールで、会場もイスも立派で見やすかった。
なにげに千秋楽でした。

どんな芝居なのか全くわからないで見たんだけど。
この公演、ピアノは生演奏ですし、能あり、講談?落語?あり、
なんだかとってもすごいものを見てしまったような気がして、すごいすごいと思いながらみていた。
内容も、悲しい内容で、グッっときた。
演技が上手だからあんなにグッっときたのかな?

とにかく、見てよかった。
次回からも見に行くと決めました。Y山氏も一緒に行きませんか?

旅行 3日目

前日の早起きはなんだったんだってくらい、起きられなかった。
朝ご飯もラストでした。
チェックアウトぎりぎりで出発。

バスで、国立博物館へ。
なぜって、龍馬の翔けた時代展やってるんだもん。
ぜひとも見ておきたい。
内容は見ごたえたっぷり!すっごい充実してた。
龍馬の出した手紙が60通くらい展示してあるし。
有名な血付きの絵も展示してあった。
外国の方も見学していたけど、英語で訳してあるのってすごく少ない。
私が外国に行って、ミュージアムに行ってもその国の言葉ではたくさん表記されているのに、日本語のパンフレットではちょびっとしか書かれてないことってよくある。それ状態。

龍馬を見終わった時点で、ランチになったので、博物館のカフェでランチ。
カレー

その後、お向かいの三十三間堂へ。
千手観音がたっくさんいて、圧倒されました。すごいの一言
距離が近すぎて、もうすこし離れて見てみたいなんて思ったりして。罰当たり?
たくさん一気に見られるので、お徳感。

シュリーマンが、江戸時代に旅行で来たときに、
日本人は、お寺や神社巡りを娯楽の一環としている。と書いている。
今も昔もそれは変わってないんだな~。ってシュリーマンっていいとこ気付いてる!

お茶屋さんで、おやつを食べた。
畳の座敷にお盆で運んでくれる。お茶も自分でたてられる。
しかし、できないからやってもらう。

その後、立派な洋館でお茶がしたいために、八坂神社の境内へ。
ゆっくりお茶を楽しんで。観光終了!!

新幹線の時間までまだまだあったので、
駅でマッサージをしてもらった。そのおかげで、お土産を買う時間がなくなってしまった。
旅行=お土産
なのにな…
ゆっくり見てる暇もなく、目に入ったものを買ったってかんじ、無念。

帰りの新幹線では、駅で急いで買った駅弁を急いで食べて。
それぞれ読書タイムに…

京都駅で急いで買った和菓子。
こしあんが黒蜜で包んであってうんまい☆

旅行 2日目

レンタカーで、奈良の大仏さんを見に行った。

ナビもついていて、道もわかりやすいのに、間違えた。

奈良は京都ほど混んでなくて、ほっこりしてる。
(私、ほっこりの使い方間違ってます?)

さっそく大仏さんに会いに。

中学生の修学旅行で行ったことがあったけど、鹿の記憶しか残ってません。

噂では、大仏さんがでかすぎて、お顔までは見えない。って聞いていた。
騙されてたね。 20051228110903.jpg
でかいけど、顔は見えたから。 ほんとは、柱をくぐりたかったんだけど、子供の行列できてるし、子供にまじって並ぶ勇気がなくて、くぐれなかった…弱虫です。

大仏さんのお家でなにがよかったって、お土産(お守りなど)だよ。
安いの!
大仏さんの写真(はがき)¥50!
昨日、清水寺で見たお土産(お守りなど)と同じ鈴が売っていた。
京都では¥500はしてたと思うけど、大仏さんのとこでは¥100!
素敵なお土産売り場☆
いろいろ買いたかったけど、100%家に帰ったらいらないものと化すると察知したので、唯一使える鹿笛(¥100×2個)だけにしときました。 20051228110619.jpg

→続きを読む

京都旅行 1日目

切符を置いて帰っちゃったり、払い戻しに走り回ったり、
出発前に一悶着ありましたが、無事に新幹線に乗りお昼には京都についた。

さすが京の都、観光客の数が日光とは違う。(比べる次元が違う)
世界遺産がわんさかあるってこと自体すごい!!
お客さんでぎゅうぎゅう詰めのバスに乗り清水寺へ。

20051228111205.jpg

清水の舞台を眺めていると、絵を描きたいと言い出したので、
嫌そうな顔をしたら出鼻をくじかれたらしい…
夕方になっちゃうので、急いで枚方の姉さんのお宅へ。
6時くらいになっちゃった、門限が10時なのに…

姉さんと呼んでいるけど、私のお友達。
出会ったときから姉さんは私の師匠。そして尊敬できる人。
4年前の結婚式以来の再会。
お子も今年で2歳。
遊びに行く前に電話でお子が、「人見知りが激しくて泣くから」って聞いていた。
しかし、おもちゃ作戦のおかげ(おもちゃを包装していた紙がうさちゃん模様でミッフィーと勘違いしたらしい)で、機嫌がよくなったみたい。
決して子供は得意ではない、むしろ苦手分野なんだけど。
おもちゃをあげたらお子が遊んでやってもいいよって雰囲気になった。
決してミフィーではない包装紙を見て、「ミヒー!ミヒー!」と喜んでいるお子はとてもとてもかわいい☆
兄さん(旦那さん)は、慌てて「ちゃうちゃう」って言ってたけど。

わかったことは。
高くてブランドもんのオサレなおもちゃを子供にあげても子供は喜ばないらしい。時代は変わっても子供はベタなおもちゃがスキなんだって思った。

親戚の子供もそうなんだけど、なぜ子供はお客さんに自分のおもちゃを見せたがるのだろう?
私は必ずといっていいほど、子供におもちゃを見せられる。
おもちゃで遊んでもいいよ。って許可してくれた証拠?
気を使ってくれてるのかな?

夕飯もいただいて(私たち少食ってウソついたけど…)、ほっこりしている間に、門限ギリギリになっちゃった。
もっともっといろいろおしゃべりしたり、お子と遊んだりしたかったんだけどーっ
もっと遊びたい!また遊びにきたい!
って思うくらいが丁度いいのかしらね?また遊びに行こうって思うからっ。

電車を乗り継いで、急いでお宿に戻りました。
お宿の亭主が外で待っていたけど、門限ピッタリってことでOK。

姉さんファミリーはとっても素敵だった☆
間違いなく憧れのファミリーだわ。

失態

おなみが遊びにきた。

霧降方面へ行った。
バギーに乗ったり、牧場へ行ったりと、
恥ずかしげもなく大失態をおなみにさらしてしまった…
こんな自分有りなのでしょうか?
恥じらいとかもう持ち合わせてないのでしょうか?

山のレストランがとても素敵だった。
ミルク珈琲drinkアスパラ
いつまでもいられる。食べ物もおいしいし☆
またいこーーっ。

お盆です

1年ってたつのがほんと早い。
もうこの時期がきた。

おもちを食って待っている先祖を迎えにお墓参りに行ってきた。
前日にテレビで数の子が言っていた通り、
母さんはお墓をスポンジで必死で磨いていた。

どこのだれだか知らないが、うちのお墓の敷地内に犬かなにかを埋めた後がある!
信じられないことする!

先日は、市役所が勝手にうちの土地にマンホール作っちゃったばかり。

今年も森の中の共同墓地に行ってきた。
ばあさんはもうすぐお参りに行く側じゃなくて、迎えにこられる側になるー
なんて言いながら…

行きたい所

今一番行きたい所:江戸時代(江戸)
そんなことを言っていたら、いい本を見つけた。

日本は江戸時代末期:トロイア遺跡発掘のシュリーマンが中国・江戸を旅行した内容。
江戸っ子が、通行手形を持って伊勢へ旅行している間、外人さんは世界旅行してるんだ。

タイムボカンじゃなくてタイムマッシーンができるまでは、これを読んで行ったつもりになるしかない。
こんにちは

ふろっぐくろっく
つぶやき
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。