プロフィール

もげ

Author:もげ
素朴な日々の記録。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリトヴィッツェ

P1050292.jpg

クロアチアはバス移動が主になる。
国際免許証作っていけばよかったとほんとに思った。
車がないとすっごい不便。
だからなのか、ヒッチハイクしている人を何回か見かけた。

プリトヴィッツェまでザグレブからバスで2時間くらい。
プリトヴィッツェには3軒しかホテルがなくて、13日(クロアチアの祝日だか夏休みがかぶって混んでいた)しか予約が取れないために、
ザグレブ1泊、プリトヴィッツェ1泊ずつの移動っていう強行スケジュールになっちゃった。

プリトヴィッツェは山の中で、きれいな湖を見ながら散策したり山歩きをしたりする所。
ガイドブックには歩きやすい靴でって書いてある。
それなのに、西洋人の皆さんは、半ズボンにビーサン、もしくは水着か裸だった。
リゾート地の格好してる人ばっかり。
しかも、山道(写真のところまで降りるから急斜面)なのにベビーカー押してたり、犬連れてる人が結構いた。
子供がおもちゃのベビーカー押してたりもして、山だからって生活スタイルは変えないところがおもしろい。

P1050275.jpg

P1050276.jpg猫が

P1050269.jpgマスを狙ってる
1日目 ホテル(Hotel Bellevue)にチェックインした後、お昼を食べて、チケットを購入して(ホテルに泊っていれば翌日も使えるとのこと)湖を見てきた。
チケットは売ってるけど、ゲートがあるわけじゃないし、チケットをチェックする人もいない。

遠くから見てもきれいだけど、近くで見てもきれい。
天気がよくって眩しかった。
湖にはマスしかいない。
連日の移動で疲れちゃってて、散策はちょっとだけしかしなかった。
ボート乗っておけばよかったのかしら。


2日目 ホテルをチェックアウトして荷物を預けて、散策スタート
天気が曇っていた。どんどん雲行きがあやしくなり、雨が降ってきた。
滝もたくさんあって、マイナスイオン浴びまくる。
そのおかげなのか散策中は全然疲れなかった。
P1050357.jpg
どこを見てもきれいでたまんない。
P1050401.jpg

湖を船で移動できたり、公園内はバスが走っていたり、乗物を使って移動するんだけど、
それでも広大すぎてかなり歩くことになる。
まだまだ歩けるなーって思っていたら、H田が気持ち悪いって言いだして、慌てて公園出口を目指すことに・・・。でも広いから歩いても歩いても近くのバス乗り場まではなかなかいかない。
途中でおやつを食べて休憩しながら、戻った。
レストランでお昼を食べて、落ち着いたらH田元気になった。


そのあと、2時半くらいのバスでトロギールに向かう予定でいた。
来たバスはスプリット行きで、トロギール行きは1時間後だという。
ちゃんと1時間後に来るかわからないし、1時間も待てないので、スプリットに行くことに。
バスに乗ってすぐ、おなかの調子が悪くなった。お昼たくさん食べたからだ。
幸運なことに、15分くらいで休憩時間になってくれたので、助かった!!!
プリトヴィッツェからスプリットまで、4時間くらい。
バスは山道を猛スピードでとばしていく。眺めがサイコウで、雲の影が見える。
ボーっと素晴らしい景色を眺めているだけでも飽きない。
ちょこちょこ小さい町がたまに現れる以外はなんにもない土地がどこまでも広がっている。
サイコウだーって思っていたら。
すっごい臭いやつ(ジャージ)が乗ってきた。
H田のうしろに座った!バスはほぼ満席。
私のうしろのおっさんもあまりの臭さに咳こんだ。
鼻がばかになった頃に、ジャージが降り、助かった。
H田は自分が一番ジャージの被害を受けたといいはる。
一番被害を受けたのはジャージが座った隣のおっさんに違いない。

海のキラキラで光るスプリットの街並みを山の上から眺めながらバスがスプリットに到着した。
どこの町に行くかわからなかったので、宿は予約していなかった。
荷物を預けて、インフォメーションに行こうとしたが、地球の歩き方に書いてあるところにはない。
旧市街をフラフラとさまよい、観光客の多さに本当に疲れた。ようやく見つけて、インフォメーションで紹介してもらうと、夏休みで混んでいて、近くはどこも満室だから、遠くてもいいならって紹介してもらい、バスで行ったほうがいいっていうのも聞かず、タクシーで行った。
クロアチアでは、タクシーは高いからバスを使いなさいとよく言われた。
午前中山歩きして、バスで4時間以上ゆられて、もうクタクタの私たちは、とにかく横になって休みたかった。
スプリットから8キロ離れたところにある紹介されたペンション(レストラン)周辺は、ビーチ沿いのエリアらしく、周りにホテルやペンションがたくさんあった。もちろん地球の歩き方には載っていない。
ペンションでチェックインして、そこの人が、犬の臭いと犬は大丈夫かとしつこく聞いてくる。
犬が気になりつつ、すごく疲れていたので、シャワーを浴びて寝た。
(思い出しながら書いていて、どれだけ疲れていたかを思い出して疲れた)
スポンサーサイト

次へ

非公開コメント

こんにちは

ふろっぐくろっく
つぶやき
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。